第六天神社

第六天神社

この神社は旧上高井戸村の鎮守で、祭神は両足命、惶根命です。
明治以前は第六天神と呼ばれていました。
創立年代は詳らかでありませんが、鎌倉時代の頃ではといわれています。
天保年間(1830〜1843)には本殿。拝殿が焼失していまい、しばらく仮設がありましたが、安政3年(1856)に現在の本殿ができ、殿近更に中央高速道路新設にともない、鉄筋の現殿が昭和50年にできました。
明治以前の祭日は11月22日で、宵宮になると農作業を終えた近所の人たちが、当番制で5人ずつ拝殿にこもり、お神酒を飲みながら世間話に興じ夜を明かしたということです。
この「おこもり」の風習も昭和40年頃には途絶えてしまいました。
また昭和の初め頃まで「雨乞い神楽」がありました。これはお祭りをすると必ず雨が降ると言伝えられていたため、日でりが続くとお祭りをして神楽を奉納しました。
祭日は9月10日です。


お問い合わせは下高井戸浜田山八幡神社社務所までご連絡ください
下高井戸浜田山八幡神社
〒168-0073 東京都杉並区下高井戸4-39-3 TEL 03-3329-0837 FAX 03-3302-1523
E-mail yakuyoke@shimotakaido.org
© Shimotakaido hamadayama hachiman Shrine